レイクでお金を借りるって、どのように申し込めばいいの?

カードローンレイクは、新生銀行の発行するカードローンとして非常に根強い人気を誇っています。

実際にレイクに申し込むメリットは、金利やサービスの良さで、価値あるものだと会員からの評価も高いです。
今回は、そんなレイクにカードローンでお金を借りる方法(キャッシング)について調べてみました。

まず、レイクでは大きく分けて3つの借り入れ方法があります。
最も人気の高いキャッシング方法は「銀行カード」を使った方法になります。
新生銀行に口座をお持ちの方は、すぐにお気付きになられるでしょうが、実は、レイクのカードは新生銀行のキャッシュカードとデザインが同じで、色違いのものとなっています。
これはレイクが「銀行のローン商品」だという大きな証となっています。

レイクではこのキャッシュカードを利用して、新生銀行のATMはもちろん、レイクの窓口や各種提携ATMでいつでも自由にお金を借り入れる事が出来るのです。

今すぐお金を借りるならココ!あなたに合った即日キャッシング

皆さんにとって、最もお得な利用場所はコンビニの「セブンイレブン」になるでしょう。
何故なら「新生銀行レイク」は、セブンイレブンの中に設置された「セブン銀行ATM」で利用すれば、いつでも24時間「手数料が無料」だからです。

その他にも、電話でレイクのオペレーターに直接キャッシングを希望する口座宛に(利用可能枠の範囲内で)振り込みを依頼することも出来ます。

また、キャッシュカードの次に利用が多いのは「レイク会員サービス」のページを利用したキャッシング方法になります。
レイクの公式ホームページから「会員サイト」にログインし、希望をする銀行振込先(必ずご自身がお持ちの銀行口座)を指定、金額を打ち込んだ後実行のボタンを押せば、瞬時に振り込みが完了してしまいます。

既に、新生銀行や楽天銀行、ジャパンネット銀行などのオンラインバンクに慣れておられる方には、使い方が殆ど同じなので、初めての場合でも迷うこと無く、便利に使いこなせるでしょう。

 

レイクの審査で行われる事

今話題のカードローン、新生銀行「レイク」の申し込み審査では、一体どのような事が行われるのでしょうか?
今回は、そんな「レイクの審査事情」について調べてみることにしました。

まず、レイクの審査は「他社よりも、詳しい項目まで審査中に質門される事が多い」と言われています。
これは、レイクが「消費者金融のサービス」ではなく「新生銀行のカードローン」として位置づけされているからでしょう…。
つまり、他の大手カードローンの殆どが「消費者金融のサービス」であり「総量規制の対象」となっている中、新生銀行は銀行のカードローンとして、面倒な総量規制に縛られない自由なカードローンとして存在しているからです。

まず、レイクの審査では本人確認の書類や勤務実績、年収の状況が分かる書類を元に、きちんとそれぞれの「返済能力」をチェックされます。
大まかなポイントとしては、独身なのか?家族はいるのか?
不動産の状況(持ち家、賃貸)、他社での借り入れと返済の状況等、そして年齢や職種についても、可決するかどうかのポイントとして慎重に審査が行われます。

細かくチェックされるので、会員の中には「審査が面倒だった」と話す方も多いです。
しかし、審査がしっかりしている分金利は低く設定されていますし、銀行ローンを利用出来るというメリットは非常に大きいものだと言えるでしょう。

審査では、いきなり大きな枠で申し込みをしない方が良いでしょう。
「この会員は、必要以上にお金に困っているのか?」と思われると、最悪の場合審査に否決される恐れもあります。
最初は少額のお金を借りる事をお願いしておき、少しづつ「カード利用の良い実績」を積み重ねていくのが良いでしょう。
何故なら、カードローンやクレジットカードの利用は「何も利用履歴が無い」よりもしっかりと利用し「健全な返済」が行われている場合は、次のサービスで非常に優遇されるケースが多いからです。

 

気になる?レイクの金利手数料…。

「新生銀行のカードローン・レイク」の金利手数料は、他の銀行よりも圧倒的にお得なことで知られています。

まず、レイクで200万円までの借り入れを行った場合「30日間・金利手数料無料」となっています。
また、5万円までの借り入れであれば「180日間金利手数料無料」に設定されているのです。
このような金利の設定を行っているのは、数多いカードローン会社の中でも「レイク」だけのサービスです。

このため、それほど多くの借り入れを必要としない場合や、借り入れが高額でも30日以内の借り換え返済が出来る場合は、レイクでカードローンを申し込むのが最もお得だと言えます。

レイクの金利は、例えば20万円を1ヶ月借りた場合は「30日間無料サービス」のおかげで、10万円を返済すれば良いだけで、他に金利は必要となりません…。
仮に45日間、20万円を借りた場合の金利は「1,479円」と非常に少額で済むのです。

レイクの一般的な金利は、利用可能枠が大きければ、その分金利も低く設定されます。
200万円までは12.0%〜15.0%で、仮に400万円以上であれば、最低金利が4.5%という低金利で借り入れが可能です。

実際にレイクでは、こうした低金利の制度や「銀行系カードローン=総量規制外のサービス」というメリットを生かした「おまとめ目的ローン」としての利用が多いと言います。

また給料日までの金欠や急な出費で困った方が、レイクの「180日間金利無料サービス」などを利用して、一時的なピンチを乗り越えるケースも多く見受けられます。
返済の目処が付いている方には、こうした少額の借り入れ利用や、30日以内の返済が出来る方には、大変便利なサービスだと言えるでしょう。

また、何よりレイクは銀行のカードローンなので、一般的なカードローンと違って「総量規制の対象では無い」というのが、一番大きなポイントだと言われています。